会社にキャッシングがばれるのが怖い…

30代男性、会社員です。前々からキャッシングに興味がありました。自分の生活も少し苦しいので、借りようと思っているのですが、調べていくうちに在籍確認というものがあることを知りました。自分の会社に連絡が行くということですよね?その時にバレたりしませんか?個人名で連絡すると言っても、他の人に勘づかれたという話もあって怖いです。

インターネット上での手続きなら、バレる心配はありません

職場への在籍確認は、お勤めの方にとって一番怖いことですね。お聞きになった通り、キャッシング経験者や勘の良い人が在籍確認の電話を取り次いで、気づかれてしまった、という話はあります。しかしかなり少ないケースですし、職場で個人名の取り次ぎが普通に行われているならば、まずバレる心配はありません。※特にバレない会社一覧はこちらから:カードローンブラックok

個人名の取り次ぎが不自然である、職場に勘の良い人がいるという場合は、インターネット上でのキャッシング申し込みで、周囲にバレる確率を下げることができます。申し込み時に必要な書類なども、メールに画像を添付してやり取りするので、郵送物からバレる心配も減ります。

また、在籍確認はキャッシング会社の判断で、稀に省略されることがあります。省略基準は各キャッシング会社によって違いますが、利用者の信用度が高いと在籍確認を省略する傾向にあります。キャッシングは初めてでも、車など他のローンを組んだことがあるとしましょう。その返済状況も加味されますので、勤続年数や居住年数と合わせて信用度が高くなるのです。

キャッシングをしたからと言って、返済が滞ることさえなければ職場には迷惑が掛かりませんし、非難される筋合いもありません。あなたのように、生活がピンチの時の心強い味方がキャッシングなのです。案ずるより産むが易し、まずは一歩踏み出してみましょう。

会社にキャッシングバレるのが怖い人は、こうしろ!

お金は借りたいけど、躊躇してしまう、その理由は様々でしょう。「借金はやはり怖い」とか「返せなかったら怖い人がやってくるのが不安」とか、人それぞれ悩みはあると思います。しかし、数ある悩みのうちで結構多くの人が抱えている悩みのひとつに「人にばれたらどうしよう」というのがあります。家族とか、友人とか、家族に借金がばれたら恥ずかしいとか、叱られるとか、白い目で見られるとか、そんなふうに思ってしまうのです。

特にカードローンの審査などで通常欠かすことができないが在籍確認です。つまり、申し込みの際に申告した会社でその人が本当に働いているのかどうかを会社に連絡して確認するのです。もちろん、貸金業者も馬鹿ではありませんから、自分が貸金業者だ、なんて名乗ったりしはしませんが、そうでなくても、同僚がその電話をとったら、あるいはそばで聞いていたら、気づいてしまうのでは、そういう怖さです。しかし、貸す側からすれば、在籍確認はどうしても必要な手続きです。

そこで、会社への電話に変わる在籍確認の方法をとっている会社を探してみましょう。例えば、モビットという会社があります。「WEB完結申込」を実施しており、在籍確認に関しても、電話ではなく、健康保険証や給与証明などの書類の提出で足りる、としているのです。これでしたら、書類のやりとりですから、同僚や会社が知る由もありませんから、安心しておりることができます。モビットだけでなく、書類の提出によって在籍確認を済ますことができるとしている会社がありますから、是非確認してみてください。

閉じる