専業主婦でも借入はできますか?

会社の業績不振で、主人の給料が大幅にカットされてしまい、家計にダメージがすごいです。先月も生活費が足りず、親に少し援助してもらったのですが、親も経済的に苦しく、これ以上は助けてやれないと言われました。働くにも主婦層が働ける時間帯の仕事が少なく、面接しても採用してもらえません。もうキャッシングにすがるしかないのですが、専業主婦でも借入ができるのでしょうか。

銀行系キャッシングなら、専業主婦でもOKです!

働きたくても働く場がないというのはお辛いですね。でも大丈夫です。銀行のキャッシングならば、専業主婦の方でも借入ができます。ちなみに、消費者金融は、総量規制という法律により、例外でない限り専業主婦の方の借入をお断りしています。逆に言えば、パートさえできれば、消費者金融でも借入ができるのです。

では、なぜ銀行系のキャッシングが専業主婦でも大丈夫なのかと言うと、総量規制の対象外だからです。総量規制とは、そもそも貸金業法によるもので、年収の1/3以上の貸付を原則として禁止しています。消費者金融などの純粋な貸金業に掛かる法律なので、銀行は貸金業ではありません。キャッシングはあくまで金融商品の一つで、この総量規制の対象から外れます。だから、専業主婦の方でも、配偶者の収入で返済できる範囲で借入ができるのです。

そのため、借入限度額に制限がありますが、家計を補うには十分な額です。パートが見つかるまで、少し頼っても問題はありません。むしろ、苦しい時こそ頼るべきです。返済はきちんとしなければいけませんが、低額返済ができる銀行系キャッシングもありますので、ご家庭の状況に合った銀行を探してみられてください。

専業主婦が借入れるためにはこれだけは覚えておけ!

女性の社会的な地位が向上してきたとはいえ、まだまだ女性は家で子育てや家事、男は外で仕事をしてお金を稼ぐ、という見方が根強いのが日本社会なのではないでしょうか。ですから、専業主婦なる立場が生まれてくるわけですね。専業主婦は毎日家事、そして子供の世話など、本当に多くのことをしなければなりませんので、ストレスも溜まります。たまには買い物をしたり、友達とでかけて美味しいレストランで食事を、と思ってもわかります。

夫が自由になるお金を奥さんに渡している場合は別として、そうでもなければ妻には自由になるお金に限界があります。そこでキャッシング、という手段を思いつかれる方も多いように思います。では、専業主婦がキャッシングをしたい場合はどこから借りることができるのでしょうか?

覚えておいていただたいのは、貸金業法が改正され、消費者金融から借りるためには、収入が大きく影響するようになったということです。そのため、基本的な収入のない専業主婦の方たちは消費者金融からは借り入れることができません。しかし、あきらめないでください。専業主婦の方であっても銀行からは借り入れることができます。なぜなら、銀行は消費者金融とは異なり、貸金業法の規制を受けないからです。

それでも専業主婦の方はご主人の同意を得て、ご主人の収入状況を審査対象とし、もし審査に通ってはじめて借り入れることができます。また、借り入れることができるといっても金額は自分で仕事をしている方たちよりも少なめになるのはやむを得ないことでしょう。

閉じる